ファンガソープEXは本当に使い心地が良いですか?

さっぱりしていて痒みも治まる

一番の理由は使い心地の良さでファンガソープEXに乗り換えました。
元々は、米ぬか石けんを使用していたのですが、ファンガソープEXを試しに使ってみたら戻れなくなったのが正直な理由です。

ファンガソープEXの成分内容や価格・注文方法はこちら

肌に刺激の無い石けんを選んだ結果

米ぬか石けんを使っていた理由は、良くある市販の安いボディソープのような合成素材による痒みが起こらない点です。肌に刺激となる不要なものが含まれていないので重宝していました。

若い頃はビオレUなどを使っていましたが、お風呂上がりに太ももが無性にかゆくなる事が多々ありました。その時は、洗い残しだったと勘違いしていたのですが、結局、化学成分が敏感肌に合わなかったという事なんだと思います。

それから、無添加の石けんを色々と試すようになり、落ち着いたのが米ぬか石けんです。こちらの株式会社杉食が作っている米ぬか石けんをもう5年近く使っていました。

あっさりファンガソープEXへと乗り換えられました。

ファンガソープEXの何が良い?

何が良いのかと聞かれたら、やっぱり、使い心地です。
そして、実際に多くのユーザーが実感しているという実績でしょうか。

成分には、ティーツリーオイルシアバターが入っているので、ティーツリーの殺菌力とシアバターの保湿力の両方を備えているので、それに見合った効能が期待できます。

でも、それよりも実感的に使いやすい。

  • 「足裏のムズムズとした痒みが治まった!」
  • 「肌はスベスベになるのにつっぱらない」
  • 「ある程度潤いが残るのでちょうど良い」
  • 「体のイヤなニオイが気にならなくなった」
  • 「ソープ独特の香りが結構好き」

個人的に率直な感想です。

今まで使っていた米ぬか石けんは、やっぱり固形石けん。
汚れが落ちてさっぱり感はあるのですが、その分、肌がつっぱる感じが残ったり、冬場は、乾燥肌になりやすく困っていました。

また、元々が固形なので、石けんカスが残りやすい。
気になったのが排水溝。
(少し汚い話ですが…。)

米ぬか石けんを使った後の排水溝は、石けんかすが結構残るのですが、ちょっとドロドロの状態になっていて掃除が少し苦手です。

その点、元々が液体のファンガソープEXは、洗うときは、ややぬるっとしていて泡立ちも良く肌にも伸びるのに、洗い流すとサラっとしていてカスのようなものが残る事もありません。

しかも、液状なので必要な分だけ小さなボトルに入れて持ち運べる携帯性もあるので、出張先にも持って行けるのが良いです。

1ボトルでどの位持つ?

個人差はありますが、最初の頃は、1本で4ヶ月位使っていた気がします。
毎日、欠かさずお風呂に入るというなら、もっと消費が早いと思います。

最初の頃より使う量が増えてきたので、今は、2ヶ月かからずに使い切ります。

もしも、2ヶ月で消費してしまうと仮定したら、年間で6本必要。
Amazonでは、1本3,190円で売られているので年間で2万円いかない位となりますが、もう少し安く購入する方法がありました。

それが、直営店からの購入。

直営店ならAmazonよりも安価で1本あたり2,780円なので410円もお得です。
更に、2本セットなら4,680円(1本あたり2,340円)となるので、Amazonで1本買うのと比較して1本あたり850円も安くできます。

1万円分以上のまとめ買いになれば、送料(840円)もかからないので、できるだけ安くしたいならこういう方法もあります。6本まとめて買う方法もそうですが、他のドクターズチョイス製品を一緒に買うという方法もあります。

どちらも最安値の直営店購入ですが、いつも使っているドクターズチョイスのルテインのサプリメントと一緒に購入したので送料無料。

どちらにしても、Amazonで購入するよりは、直営店の方が安いのでまとめ買いもそうですが、1本からのお試しでも直営店にしておいた方が出費は少なくできます。

新しいバージョンが届きました

以前のファンガソープEXも十分良かったのですが、更にグレードアップしたという事で新しいバージョンとなりました。全バージョンがそろそろ無くなるという頃に注文してから、5日程度で届きました。

▼旧バージョン

▼新バージョン

一人で使うので2本もあれば、十分に持ちます。

新しいバージョンは、キャップが変わってます。
以前は、開閉式のフタだったものが、今回から、プッシュ式のものに切り替わっていますが、これと同じキャップの海外製品が手元にあります。

それが、これ。
ブッチャーブロックという木製食器、調理器具用のオイルです。
これだと、プッシュするだけで開閉できるので、簡単で良いんですよ。
前バージョンのようにちぎれてしまう心配もありません。

内容量に違いはありません。

色もこの通り。
そこまで違いはありませんが、新バージョンの方がちょっと濃い気がします。
さわり心地は、以前よりサラっとしている感じがあります。

今まで通りの使い心地とさっぱり感は、変わらず健在なので、これからも使っていく石けんである事に変わり有りません。

市販の無添加液体石けんとの違い

刺激が無く、雑菌も残ると意味が無いことです。

無添加にこだわって石けんを探していた時ですが、無添加の液体石けんをドラッグストアで見つけて試してみた事があります。実際に使ってみると、無添加という割に、ニオイが科学的でちょっと慣れませんでした。

しかも、洗い上がりは肌お脂がごっそり持って行かれたからか、つっぱるようになり、冬場は乾燥がひどかった印象があります。

そんな経験から、無添加だから良いとは言えないなと思いました。
それよりも、肌になじむというか、肌の保湿状態を丁度良くキープしてくれるもの。

その上で殺菌力の高いティーツリーオイル配合というのも良いのかもしれません。
無添加の液体ソープは、ただ刺激が無く洗い流せるというだけで、しつこく肌に残っている雑菌は容易に洗い流せないので痒みも出やすい。

対するファンガソープEXは、水虫や爪水虫対策カンジダにも使えるという殺菌力が定評です。雑菌を効果的に洗い流すという意味でも、無添加液体ソープには、無い使い心地だなと思います。

いずれにしても、市販のボディソープの多くは、汚れや表面に付着していた細菌類は洗い流す事が出来ても、白癬菌やカンジダなどの日和見感染を引き起こす細菌類は洗い流す事が出来ないという事実に変わり有りません。

その点、ファンガソープEXは、”石けん=殺菌”とイメージして良い製品の一つだと思います。

足裏やかかとのかゆさは雑菌によるもの

以前、魚の目が細菌によって出来るという事を知ったのですが、かかとが白くなったりひび割れるのも同じように細菌によるものだそうです。それだけ、足裏の皮膚にこびりついていると考えるとちょっとイヤですね。

原因が水虫菌や雑菌の場合、自覚症状としてムズムズと痒みを感じるようになります。
私も自覚が有ったのですが、かかとの周囲に痒みを感じては、靴下を履いた状態のままカーペットにこすりつけるようにして、痒みを取ろうとしていました。

それが、細菌によるものと知ってからは、ファンガソープEXでしっかり洗うようにしたら、引っかかりのあったかかとのひび割れも減り、同時に痒みも感じなくなってきていました。

意識して洗うようになってから、かゆみを感じる事も無くなり、今では、あのムズムズ感はどこに行ったのやらという感じです。米ぬかせっけんでしっかり洗っていた時には、こんな変化を実感しなかったので驚きです。

もしも、足裏やその周辺に痒みを感じる事が多く水虫ではない場合、それは、細菌が多くこびりついている可能性は高いですが、ファンガソープEXを試してみたら、痒みも無くなり皮膚もきれいになってくれる可能性は高いと思います。

その上、水虫などの予防にも繋がるので、今は、大丈夫でも、共同生活している人が水虫や何らかの感染症を持っているというなら、予防という意味でも試してみる価値はありそうな気がします。

泡立ちの悪さをカバーする使い方

ファンガソープEXのマイナス要素として、多くの方が感じてあるであろう泡立ちの悪さですが、私もこれは実感しています。でも、今のところ、これ以外の石けんを全身用に使うつもりは無いので、どうにかできないかと思い試行錯誤した結果、たどり着いた使い方を紹介します。

その方法は、まず全身に手で塗り伸ばすことです。
そして、スポンジなどではなく、ダイソーで購入したタオル地のハンカチで体をこすりながら全身を洗うという方法です。

普通なら、ナイロンのボディタオルやスポンジに染みこませて泡立たせてから使うと思いますが、これだと、泡立ちが悪くなったらまた染みこませてと何度か繰り返す必要があります。

それに、肌の汚れを巻き込みながらなので、後半になると泡立ちは更に悪くなりますが、前もって全身に塗り伸ばしておけば、その心配もありません。

ある程度手で伸ばしながら洗い、タオルで汚れを取り除くという感じですね。

そんなに大きく違わないかもしれないけど、こうやって使うようになってからは、以前より手間が無くなり使う量も抑えられるようになってきたので快適です。もちろん、全身さっぱりです。手で洗うので、軽いマッサージにもなります。

また、顔もファンガソープEXで洗っているのですが、この時も使うのはタオルハンカチ。
全身に使っているものよりさわり心地がソフトなものを使用し、液体を一滴垂らして軽く泡立てて顔を洗うと、手洗いよりもさっぱりするので是非試してみてください。